パフォーマンスアップのストレッチ【柔軟に動く体の獲得】

パフォーマンスアップのストレッチ】

スポーツを行う際には大きく分けて3つの理由でストレッチを行っていきます。

1.パフォーマンスを上げるため
2.怪我の予防のため
3.もうすでに怪我をしている部分があり悪化させないため

それぞれの目的によって行うストレッチの種類が違ってきます。
1のパフォーマンスを上げる際には持続的に動きながら筋肉を伸ばすストレッチ、後の2つは伸び感を場所で数秒保持するストレッチが有効になります。
どちらも可動域を大きくして体を動かしやすくすることは変わりません。
しかし、ストレッチのやり方を変えるだけで得られる効果が違ってきます。

パフォーマンスを上げる際にはある程度筋肉の緊張がある状態で素早く体を動かすことが求められるため動きを取り入れたストレッチが大切になります。逆に怪我の予防やすでに怪我をしている人は元々の筋肉の緊張が大きい可能性があるのでしっかりそれを低下させるために持続的なストレッチが大切になります。可動域を増やすことが目的ですが筋肉の緊張をどの程度落とすかでやり方が決まってくるのです。

目的によってアプローチの仕方や注意点が変わるため、気になった方は一度パーソナルストレッチをお試しください♪

PAGE TOP