慢性痛の改善・予防のストレッチ

慢性痛の改善・予防のストレッチ】

慢性痛がある方は極端に筋肉が硬くなり動きに制限がある場合姿勢を支える筋肉が少なく筋力不足に陥っている場合が可能性として考えられます。

前者の筋肉の硬さが原因の方にはストレッチが効果的です。筋肉が過度に緊張していることが原因として考えられるのでそこにアプローチする必要があります。
また、慢性痛がある方は姿勢が悪いケースが多くみられます。姿勢が悪くなると呼吸系の機能が低下し、そこからくる自律神経の乱れなど様々なところに支障をきたします。

筋肉の緊張を落とし硬さを取り除くことも大切ですが、硬くなっている「原因」を取り除く方が圧倒的に大切です。その原因が普段の長時間のデスクワークからくる不良姿勢なのか運動不足からくる筋力不足なのかは人それぞれなのでそこの「原因」次第でアプローチ方法が違ってくるのです。

お体の不調にお悩みの方はお気軽にご相談お待ちしております。

PAGE TOP