リラクゼーションのストレッチ【ストレッチと自律神経の関係】

リラクゼーションのストレッチ

ストレッチベッド

ストレッチをすることで得られる効果を皆さんはご存じですか?

ストレッチは皆さんが思っている以上に様々な効果を発揮します。
ストレッチでは筋肉以外にも伸ばす部位に存在する皮膚、血管、神経など骨以外の組織も伸ばしていきます。なので、筋肉以外の組織にもプラスの影響を与えることができます。

ここで重要になるのが自律神経の働きです。自律神経には日中の活動的な時に作用する交感神経と普段のリラックスしている状態やリラックスしている時に作用する副交感神経が存在します。ストレッチではこの副交感神経にアプローチすることになります。この神経は普段リラックスしている時に作用するので筋肉の中の血流を促し筋肉の緊張を抑える効果が期待できます。

肩こりや腰痛などの慢性的な痛みを抱えている人は神経でいうと交感神経が優位になっている人が多いです。そのため本当はリラックスしてほしい状態の時でも体が緊張しているケースが見られます。そのような状態が続いていると筋肉に血流が行き届かなくなり筋肉が硬くなるのはもちろん睡眠の質が下がったり、普段の倦怠感のような体の不調につながる原因になります。
体が硬いことでそこから派生して多くの体調不良を生むことがあるので普段からストレッチをして根本的な原因を取り除く必要があります。

ご興味があるお客様はお気軽にご予約お待ちしております!

PAGE TOP